ホーム > 事業紹介 > 葬祭事業のご案内

葬祭事業のご案内

365日、24時間まごころ込めたお手伝い

  • 少人数の家族葬から、150名様までの人数に応じてご利用いただけます。
  • ご自宅と同じようにくつろげるお部屋です。
  • 専門のスタッフがサポートいたします。
  • 宗教・宗派を問わずどんな式典にも対応いたします。
  • ご遺族、ご親族、生前親しかったご友人の方などに、故人と一夜を共に過ごしていただけます。

詳細はこちら(クリックするとPDFファイルが開きます)

ページTOPへ

ご葬儀なんでも相談会のご案内(PDF)

JA虹のホール三原(葬祭ホール)

〒723-0015 広島県三原市円一町三丁目2番1号
直通電話:0848-67-6311
FAX :0848-61-2330
フリーコール
JA虹のホール三原

アクセス方法

JA虹のホール三原 地図

(1)山陽自動車道をご利用の方
三原久井ICから車で約20分・本郷ICから車で約30分
※ホール以外の駐車場はお近くの三原市営駐車場をご利用ください。
(60分の無料駐車場券をお渡しします)

(2)JRをご利用の方
三原駅より徒歩10分
三原駅前よりタクシー約5分
三原駅前よりバス幸崎線・小泉線・本郷線(2号線経由)

» Google Mapsはこちら

JA虹のホール本郷(葬祭ホール)

〒729-0414 広島県三原市下北方一丁目1-8
フリーコール
JA虹のホール本郷

アクセス方法

JA虹のホール三原 地図

(1)山陽自動車道をご利用の方
本郷ICから車で約10分
広島空港よりタクシーで約25分

(2)JRをご利用の方
本郷駅前よりタクシー約5分

» Google Mapsはこちら

施設のご案内

ページTOPへ

葬儀の基礎知識

Q 遺族・親族の焼香の順番を知りたいのですが・・・。

A 基本的には「血縁の濃い順」です。
たとえば、長男、長女、次男と子供が3人いる「夫」が亡くなった場合の焼香順を以下に示してみましょう。 (1)喪主(妻)(2)長男(3)長女(4)次男(5)長男の妻(6)長女の夫(7)次男の妻(8)故人の両親(9)故人の妻の両親(10)故人の孫たち(11)故人の兄弟姉妹(12)故人の伯父・伯母(13)故人の叔父・叔母。 ただし、故人とのつきあい方によって、長男→長男の妻→長女→長女の夫、次男→次男の妻という順にしてもかまいません。

Q 香典を渡すタイミングとマナーを教えてください。

A 受付で短くお悔やみの言葉を述べて記帳したあと、香典を渡すようにしましょう。 家が会場の場合などで受付がない場合は、遺族か世話役に「このたびはご愁傷様です」などとお悔やみの言葉とともに手渡せばいいでしょう。 袱紗から取り出して、両手で、先方に向けて差し出すのがマナーです。両方に出席できない時は、人に託すかお悔やみ状を同封した現金書留封筒で郵送します。

Q お通夜 弔問客が「ご愁傷様でございます」などとお悔やみの言葉をかけてくれます。 どう返事をすればいいのですか。

A 「恐れ入ります」などと短い言葉で応えておけばいいでしょう。 大勢から声がかかることに対応しようと思えば無理が出てきます。「お忙しい中、来てくださってありがとうございます」とわざわざ言う必要はありません。

Q お彼岸 今年家族を亡くし、初めてのお彼岸を迎えます。特別に法要するものなのでしょうか。

A 故人にとって初めて迎えるお彼岸の供養は大切に考えたいものです。 お彼岸の入りまでには、仏壇・仏具をきれいにし、花や供物を供えます。家族や身近な人たちが集まったら、僧侶に来てもらってお経をあげてもらいます。 お墓もきれいにし、参会者全員でお参りしましょう。その後故人の供養の意味で参会者で会食をします。

Q お彼岸 本物のろうそくと豆電球式の灯明燭台、どちらがよいのでしょうか。

A 豆電球は、明るさの面でも十分ですし、より安全ですので、お年寄り家庭などでは豆電球がよいかもしれません。 しかし、仏壇にろうそくを灯すのは仏の偉大な慈悲の光にふれるためといわれます。仏壇の扉を開け、ろうそくに火を灯しただけで仏の温かな存在に出会えたような気がすることをみても、 本物のろうそくの方が精神的な面では軍配が上がるでしょう。正式には灯明用のろうそくは和ろうそくですが、専門の仏具店でしか取り扱っていませんので、一般には洋ろうそくで十分です。

Q 死亡届の提出は、家族以外でもいいのでしょうか。

A 届け出は、代理人でもかまいません。葬儀前の忙しい時ですから、友人や葬儀社に代行してもらっていいのですが、その際には届出人の印鑑が必要です。 なお、参考までに、死亡届の届出を義務付けられているのは、(1)個人と同居の親族、(2)同居していない親族、(3)同居者、(4)家主、(5)地主、(6)家屋管理者、(7)土地管理人の順となっています。

ページTOPへ