JA三原

  • サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

JA三原について
About

事業紹介

信用事業(JAバンク)

 銀行と同じ業務を、JAでは信用事業といいます。 全国のJAグループがまとまった信用事業の総称を「JAバンク」と呼びます。JA三原では、JAバンクと一体的な事業体制の下、地域から信頼され選ばれる金融機関を目指し、貯金をはじめ、融資や振込み、口座振替などの総合金融サービスを提供しています。

詳細はこちら

共済事業(JA共済)

 JA共済は、お互いに助け合うことを基本理念とし、一人ひとりに合った保障を提供しています。 万一の病気やけが、災害に備えての保障や貯蓄、老後のための充実した年金などを、生活設計に合わせて選べます。

詳細はこちら

営農指導事業

 JAが行うすべての事業は、地域農業振興や農業者の所得増大に貢献することを目的としており、とりわけ営農指導事業は、「JAの第一の事業」として位置づけられています。
 生産者に対して、栽培技術や農業経営に関するアドバイスを行い、農業生産活動全般をサポートします。
 また、その活動範囲は広く、地域農業の将来を担う人材の育成や、「食」と食を支える「農」の大切さを伝える「食農教育」にも取り組んでいます。

特産品の詳細

生活指導事業

 かつては、組合員の生活全般についてサポートし、生活改善と向上を図る重要な役割を「生活指導事業」が果たしてきました。しかし、ライフスタイルや生活環境が変化し、ニーズが多様化するなかで、近年では、「くらし」の各分野を支援する「くらしの活動」として取り組んでいます。
 主に、女性部活動や助け合い活動、食農教育や農村交流などに取り組み、くらしの課題に向き合う活動を通じて、地域コミュニティの活性化による「地域の活性化」に貢献しています。

販売事業

 生産者が育てた農畜産物を販売し、消費者に届ける販売事業は、生産者の所得向上や「食」の安心・安全に直結する事業です。JAの販売事業は、「共同販売」を基本としており、個々の生産者が生産した農畜産物をJAが集荷して、スケールメリットを生かして安定的に出荷することで、有利販売に結び付けています。
 市場販売だけではなく、JA農産物直売所「やっさふれあい市場」を2店舗設置し、消費者により近い「地産地消」の取り組みにも力を入れています。
 また、JAでは、例えば米の収穫後に行う乾燥や調製をする共同利用施設などの設置・運営も行っており、生産者個々ではコストや労力面で負担の大きい作業をJAの共同施設を利用することで、労力の軽減や有利販売につなげることができています。

直売所のご案内

オンラインショップ せとだ屋

購買事業

 購買事業とは、農業者が必要とする資材について、JAができるだけ安く、良質なものを供給しようとするもので、肥料や農薬、農機具など農業に必要な資材を供給する「生産資材」と、食品や日用雑貨用品、生活関連機器など、生活に必要な品目を供給する「生活資材」を取り扱います。

詳細はこちら

福祉事業

 「やっぱり、わが家で、暮らすのが、一番」JAは、そんな気持ちを応援します。 みなさまが安心して生活できるサービス「ホームヘルパーステーション 」と「はなみずきの会」を展開しております。

詳細はこちら

葬祭事業

 JA虹のホール三原(葬祭ホール)は大切な人を送るため、24時間まごころこめたお手伝いをさせていただきます。

詳細はこちら

ページトップへ