JA三原

  • サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス
Topics

海外から注文していない植物が輸送された場合の対応について

 最近、注文をしていない植物が海外から輸送されてくる事例が確認されております。

 海外から輸送された植物については、植物の病害虫が我が国に侵入することを防止するため、植物防疫法(昭和25年法律第151号)に基づき、郵便局や空海港の植物防疫所において、病害虫の付着の有無等の輸入検査を行っており、合格となったものは外装に植物検査合格証印が押され、不合格となったものについては廃棄又は返送の処分が行われています。

 植物防疫所による輸入検査を受けていない種子等が栽培された場合は、植物防疫法に基づき、植物防疫所に届け出て、検査を受けることが義務付けられています。

 つきましては、輸入検査で合格したことを示す植物検査合格証印がついていない種子等を受け取った場合は、植物防疫所に届け出て下さい。

 

【植物防疫所ホームページで掲載している情報】

https://www.maff.go.jp/pps/j/information/200730.html

お問合せ:植物防疫所 広島支所

     〒734-0011

     広島県広島市南区宇品海岸3-10-17 広島港湾合同庁舎内

     TEL 082-251-5881

ページトップへ